一部上場企業を寿退社したのち、10年専業主婦をした私が再就職を目指した時、派遣という選択肢しかありませんでした。

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

一部上場企業を寿退社したのち

このエントリーをはてなブックマークに追加

一部上場企業を寿退社したのち、10年専業主婦をした私が再就職を目指した時、派遣という選択肢しかありませんでした。

そこで、以前損害保険会社の損害部門で働いた経験を活かせる仕事を探しました。
損害部門の仕事というのは、事故を起こして保険請求してくるお客様に代わって示談をし、損害物の損傷度を確認する仕事です。
仕事の中心は関係各所との電話となり、書類作成などももちろん行いますが、交渉記録をパソコンに入力しながら、四六時中電話をするという日常でした。

そこで、この経験を活かせる仕事をと考えたのが、系列の代理店での仕事でした。
入社初日に驚いたのは、かつて一緒に仕事をしていた先輩がその会社にいた事です。
しかも、正社員でした。
聞けば、彼女も結婚を機に働き方を見直し、はじめは派遣社員として、その代理店で仕事をしたそうです。
そのうち、働きぶりが認められ、現在は正社員に登用されてバリバリと仕事をこなしているという事でした。
今回の派遣社員の募集も、どうやら彼女の働きぶりが良かったという前例があっての事の様です。

私はその先輩に感謝するとともに、マンツーマンで仕事の流れや子育てとの両立の相談などが出来ました。
本当に嬉しい再会でした。
今は、この職場で営業の仕事も勉強中です。

Copyright (C)2019派遣先で知り合いと遭遇したエピソード.All rights reserved.