ある派遣先で、大学時代の同級生と遭遇しました。

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

ある派遣先で、大学時代の同級生と遭遇しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

ある派遣先で、大学時代の同級生と遭遇しました。
その友人は社員で私は派遣という立場でした。
遭遇した当初は、「わー、久しぶり!」と再会を懐かしみ、ランチを一緒にする等、とても仲良くしていました。

しかし、少しずつ社内の様子や仕事の状況がわかってくるにつれ、社員と派遣との差を感じ始めた私は、なかなか素直に友人と接することができなくなってしまったのです。
考えてはいけないことなのかもしれませんが、「同じ大学の同じ学部を出て、同じような勉強をしてきたのに、友人は社員で私は派遣。できることは同じなのに、もらうお金が全然違う」ということに疑問を持つようになってしまったのです。
そして、自分の立場がとても悔しく、友人を妬ましく思うようになってしまったのです。

これで少しでも年齢や出身学部が違っていれば、ここまでは思わなかったのかもしれませんが、運悪くすべて同じだったため、ついつい友人を自分に置き換えてしまい、もし自分が社員として大学卒業後すぐにこの会社に入っていたら、なんて考えてしまうのです。
あまりにもつらく、耐え切れず、結局私はその派遣先を辞めてしまいました。

Copyright (C)2019派遣先で知り合いと遭遇したエピソード.All rights reserved.