派遣先の仕事場で、過去に二度知り合いと遭遇した経験があります。

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

派遣先の仕事場で、過去に二度知り合いと遭遇した経験があります

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣先の仕事場で、過去に二度知り合いと遭遇した経験があります。
一度目のケースは、お互いが派遣社員として登録し、偶然にも同じ職場に配属された事でした。
それも驚く事に、その派遣された先が新潟県だったのです。
その知人は大学時代の学友なのですが、それぞれ東京に住んでいたはずなのに、なぜか新潟で鉢合わせしてしまったのでした。
これにはさすがに驚きました。
新潟県にある製造工場での仕事だったのですが、この仕事に関しての説明会や面接時では顔を合わすことなく、着任した初日に初めてお互いがその存在に気付いたのです。

しかしこの偶然の出会いは、何かと好都合な事がありました。
初めて生活する土地ということで、知り合いがいることにより心細さが解消されます。休みの日には一緒に遊ぶなど、ホームシックに掛かるようこともなかったことから、随分と救われたように思っています。
もう一つの遭遇ケースは、私が店員で知人がお客さんという形での遭遇でした。
とあるお店の接客係を務めるようになり、ようやくその仕事にも慣れてきた頃、高校時代の友人がお客さんとしてやって来たのです。
友人も私と気付かずに声をかけてきて、私も最初のうちは友人と気付かず、しばらくの間接客していました。

しかし質問に答え、商品アピールをしているうちに、もしかしたら高校時代の友人なのでは?と気付き始めました。
高校を卒業してからは全く会っておらず、約10年の年月が経っていた事もあり、外見も随分変わっていたのですが、思い切って確認してみると、やはりその友人だったのです。

ちなみに久しぶりの再会ということもあり、その友人は私の仕事が終わるのを近くの喫茶店で待ってくれて、初めてとなる酒を酌み交わしました。

Copyright (C)2019派遣先で知り合いと遭遇したエピソード.All rights reserved.