派遣先には一日だけの単発の仕事と、毎日同じ現場に通える仕事とありますが、初日というのは、右も左も全くわからないものです。

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

派遣先で知り合いと遭遇したエピソード

派遣先には一日だけの単発の仕事と

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣先には一日だけの単発の仕事と、毎日同じ現場に通える仕事とありますが、初日というのは、右も左も全くわからないものです。
具体的にいえばトイレの場所さえ人に聞かないとわかりません。
私が食品を扱う派遣先に行った時のことです。
長いベルトコンベアの前に両側合わせて30人くらいの人が立つ仕事では、派遣社員20人くらいが大量にバスで現地に向かいます。控室に入ると、テーブルに作業時に着用するユニフォームが置かれていました。

しかし誰も何も説明してくれません。皆はそれを黙々と着用しています。その時、何と以前、同じ職場で働いていた同僚がいました。

その同僚は懇切丁寧にこの現場のルールや流れ等を教えてくれました。
本当に幸運だったのです。
派遣先は多種多様で、いろんな人間がいます。全く不親切で、何の説明もしない社員もいます。最も嫌われるのは、同じ派遣社員なのに、古株のように威張ったり、権限がないのに仕切ったりする人間です。
その仕切り方が適切でないから余計に皆を困惑させます。
同僚が懇切丁寧に仕事を教えたように、初日で右も左もわからない派遣バイトがいたら、私は懇切丁寧に教えることを心がけています。そういう小さな親切は、末永く忘れないものです。

Copyright (C)2019派遣先で知り合いと遭遇したエピソード.All rights reserved.